本文へスキップ

北上しいたけ園は伝統的な栽培方法で美味しい北海道産原木椎茸を生産しています

電話でのお問い合わせは0145-45-2756
FAX番号
0145-45-3864

メールでのお問い合わせはこちら

web日記weblog


2021年

A526という品種です

4月です

4月に入りました。4月と言えばエイプリールフールですが、これといった嘘が無い一日でした。
殆どの人たちは飽きて来たのかなと言った印象です(^^;)
さて、最近は季節外れの暖かさが到来しています。
油断していると、この時期でも雪が降る事がありますので、油断禁物ですが、このまま暖かく成って欲しい今日この頃です(^^)
<<前のページ | 次のページ>>
2021年4月11日(日)
春らしい陽気

今朝は氷点下3.5度でしたが、日中は天気も良く気温もグングン上昇していて春らしいポカポカとした陽気に包まれていました。
いつもの榾木浸水発生作業を終わらせてから、選果場にて残っていた仕事を終わらせ、6号ハウスに向かいました。
今年の植菌の進捗状況は、例年と比べてかなり遅れています(^^;)
遅れを少しでも取り戻すべく、いつもの2倍の数量の原木へ、種菌を植えるための穴あけしました。
何とか予定の時間内に終わらせる事が出来ました(^^)

2021年4月10日(土)
穴あけ再開

昨日の夜に、トロッコや切断したH鋼の断面にペイントしたペンキは完全に乾いていました。速乾性のシリコンペンキは乾きが早くて助かります。
さて、今朝は氷点下2度と冷え込みもだいぶ緩く成ってきました。
日中はプラスの13度まで上がり、春の気配を感じさせられます。
そんな中、いつもの榾木浸水発生作業を終えてから、選果場にて荷作りを終わらせてから、数日ぶりに6号ハウスの原木への穴あけ作業を開始しました。
予定の本数穴あけして今日の作業は無事終了しました(^^)

2021年4月9日(金)
大荒れ

今朝は氷点下5度と少し冷え込んでいました。そして午前中は勢いよく雪が降っていました。
日中でもプラスの7度と、昨日よりは低い気温でしたが、これが平年並みです。そして、この時期、突如として雪が降るのも珍しくはありません。
車のタイヤを夏タイヤに変えているので、ヤバイかなと思いましたが、昼間に時折刺す太陽のおかげで、日当たりの良い場所は綺麗に溶けて無く成りました。
午後からは選果場にて荷作りして出荷しました。
帰って来てから、各ハウスの榾木に散水した後、7号ハウスにて、昨日切断したH鋼の断面に、防錆ペイントしておきました。
ついでに、余ったペンキで4号ハウスのトロッコにもペイントして今日の仕事は終了です。
それから床屋に行ってバッサリと髪を切ってもらいました。すっきりです(^^)

2021年4月8日(木)
H鋼の切断

今朝は激しく雪が降り注いでいました。
この時期でも、雪が降る事は珍しくありませんので油断大敵です。
その雪も、昼間の日射で綺麗に溶けていました。
さて、7号ハウスの原木浸水ワクを水槽に上げ下げするチェーンホイストを支えている鉄骨がありますが、その鉄骨に、現在は使用していないH鋼がありまして、その鉄骨が通常の仕事の邪魔に成っていたので、サンダーで切断することにしました。
100ミリの太さでしたが、両側から切り込みを入れて、1センチ程つながっていましたが、左右に揺すって折る事が出来ました。
後は切断部に錆止めペンキ塗っておけば処理終了です。
仕事がやりやすく成りました。

2021年4月7日(水)
露地栽培の春もの

今朝は氷点下3度と、例年よりは暖かな朝でした。
日中はプラスの11度まで上昇しましたが風が強く、体感的には暖かさを感じられませんでした。
仕事が大体片付いた夕方に、露地栽培のホダ場に行ってみると、露地栽培の春物椎茸が芽切りしていました。
育ちの早いものでは、数日で収穫可能なものもありました。
例年よりも1か月近く早い成長です。
ホダ場には、彼方此方に防風と遮光を兼ねた白樺の木の枝が折れて落ちていました。
今年は冷え込みも厳しく、幹の中の水分が凍って膨張して割れたり、雪が多かったので、その重さで枝が折れて散乱していたのだと思います。
それから、むかわ町に配達に行き、荷物卸して帰って来てから、7号ハウスのチェーンホイストの修理を行いました。
何とか直す事が出来ました。

2021年4月6日(火)
この時期は

毎年この春の時期は、無加温ハウスの榾木から自然に発生してくる椎茸があります。
低温でゆっくりと成長するので、とても大きく肉厚で、身が引き締まっている食べ応えのあるジャンボな美味しい椎茸が収穫されます。
これを目当てに直接買いに来るお客様もいらっしゃいます。
大きさを分かりやすく、ライターと撮影してみました。
いつもの仕事を終わらせてから、選果場にて荷作りを行いJAに出荷しました。
帰って来てから、残っていた仕事を終わらせ、乾燥パウダー作成を行ないました。
予定の数量作成してから、時間までラベル貼りを行い今日の仕事は終了です(^^)

2021年4月5日(月)
自家製の炭

今日の朝はプラスの4度と、昨日程では無いにしろ、平年よりはかなり暖かな朝でした。
日中は13度と、曇り空にも関わらず昨日よりも暖かな一日でした。
さて、寒い時期にはハウス内を薪ストーブで温めていますが、その副産物として、ストーブの灰掃除を行うと、炭が出てきます。
この炭は、かなりの数量出るので、それを段ボールに集めて、バーベキューに使っています。
着火が早いので重宝しています。
いつもの仕事を終わらせてから、むかわ町に配達に行きました。
帰って来てから、注文いただいたパウダー作りを行いました。
何とか必要量作成して今日の仕事は終了です。

2021年4月4日(日)
お祝い

今朝はプラスの7度とかなり暖かく、日中は11度まで気温上昇していました。
そんな中、早めに仕事を終わらせてから、研修生を連れて苫小牧に買い物に出かけました。
2か所で買い物し夕食に、新しく改装されたお寿司屋さんに立ち寄り、研修生の誕生日祝いをしました。
本人は大変喜んでいた様です(^^)
お寿司屋さんなのに、以外にもカレーラーメンが本格的で美味しかったです。
強めの雨が降り注ぐ中、車を走られせて帰って来まして、車のフロント部分がかなり綺麗に成りました(^^;)

2021年4月3日(土)
進捗具合

今朝はプラスの気温で暖かく、日中はプラスの16度まで上昇し、小春日和でした。
さて、連日行われている植菌作業も、6号ハウスの3分の1まで進みました。
昨年と比べたら半分位の進捗状況で、かなり遅れています。
今年は、原木の入りが遅く成ったのが原因です。
原木椎茸栽培が難しいと言われる要因の一つが、安定した原木の確保です。
林業屋さんも人手不足で仕事が思うように進まなかったり、今年は雪解けが異常な程、一気に進んだので、重機やトラックが抜かって切り出した木材を山から運び出せなかったのが遅れている原因の一つです。
何はともあれ、仕事は着々と進めていかなければ成りませんので、ひたすら熟して行くだけです。
夕方、むかわ町に配達に行き、2か所に降ろして帰って来まして、6号ハウスにて昨日の続きの原木穴あけを行いました。
予定通りに終わらせ、月曜日の準備をして今日の仕事は終了です。

2021年4月2日(金)
水浸し

今朝、4号ハウスに入って見ると、地面が水浸しでした。
どうやら、圧力ホースのジョイントが、すっぽ抜けて水が噴き出していた様です。
幸いにも、研修生がバルブを閉めて止めてくれたようです。
2万リットルの貯水槽が7割減っていたので、かなりの量が噴き出していたようです。
一日中、ハウスの水は引きませんでしたが、ちょうど良く湿度が確保出来ました(^^;)
直ぐに新しいジョイントを取り付けて、頑丈なものに交換しました。
いつもの仕事を終えてから、選果場にて荷作りを終わらせ、各ハウスの管理をしてから、6号ハウスのオガクズを片付け、原木への穴あけを行いました。
予定の数量穴あけして今日の仕事は無事終了です。

2021年4月1日(木)
虫取りシートの交換

今朝は氷点下1.4度と、この時期としては平年並みです。
日中はプラスの14度まで上昇し、昨日ほどでは無いにしろ、暖かな一日でした。
道端の福寿草も黄色い花を満開に咲かせていました。
暖かく成ってくると増えて来るのが害虫です。
椎茸に被害が及ぶ前に、前もって虫取り粘着シートを新しいものに交換しました。
1ハウス辺り、25枚のシートをぶら下げておけば、被害は99%防げます。
いつもの仕事を終わらせてから、選果場にて荷作りして、JAに出荷してから、むかわ町に配達に行きました。
直ぐに帰宅しまして、各ハウスの管理を終わらせ6号ハウスにて原木への穴あけ作業を行いました。
予定していたよりも仕事が遅れて、時間が来たので今日の所は終了しました。

PAGE TOP ▲     

ショップ情報

北上しいたけ園

〒054-0363
北海道勇払郡むかわ町穂別平丘97-3
TEL.0145-45-2756
FAX.0145-45-3864
genboku@shiitakefarm.jp
→ショップ案内